So-net無料ブログ作成

ヨーロッパ大学ランキング

 先日、上海交通大学による世界大学ランキングに対するフランスでの反応をお伝えしました(http://sog.blog.so-net.ne.jp/2008-08-23)が、その中に、フランスらしい反応として、ヨーロッパで独自のランキングを作成する意向があるという話がありました。この独自ランキング、本当に動き出すようです。
250px-Entree_scpo[1].jpg ところで、昨日(11月28日)、友人に誘われ、著名なグランド・ゼコールの1つであるパリ政治学院(シアンス・ポ(写真(Wikipediaから))で開かれたシンポジウムを覗いてきました。中国における法治国家の発展というようなテーマで、中国から招かれた中国人行政法学者2名と、ヨーロッパ人の中国研究者2名の報告でした。ここでは英仏2ヶ国語が作業言語だということで、英語での報告・発言も許されていました(というか、主に英語で報告が行われていました)。もっとも、中国人学者の1人は明らかにフランス語ができない様子なのにフランス語での報告・質疑の際(報告者で登壇しているにもかかわらず)放置されていた点などはフランスらしいところです。終了後に報告者・来聴者と若干話をする機会がありましたが、中国人らしき研究者・学生は多くが英語とフランス語が流暢(日本語ができる人もいました)で、圧倒されてしまいます(報告・質疑のレベルを確認して、若干安堵した点はあります)。
 小さなシンポジウムでしたが、シアンス・ポやその他の場所で、こうした国際シンポジウムは頻繁に開かれているようで、フランスのグランド・ゼコールや大学の国際展開への意気込みが感じられます。中国人留学生らしき人たちも少なからず出席していました。実際、伝聞によれば、シアンス・ポは、現在3割程度の留学生比率を6割くらいにする目標を掲げているそうです。この点については、各機関の方針だけではなく、大学の所在する国の国際的な立場に大きく左右される面があると思いますが、それはともかくとして、日本の感覚からは想像を絶する感があります。
 さて、大学ランキングですが、このような実情の一端に接した上で見ると、フランスで上海ランキングに対する過敏とも思える反応が理解できるような気がします。実際、大学の国際展開においては、学生集めに対するこの種のランキングの影響はかなりあるようです。英紙フィナンシャル・タイムズによるヨーロッパのビジネススクール(Masters in management)のランキング(http://rankings.ft.com/businessschoolrankings/masters-in-management)が先般発表されましたが、フランスのビジネススクールは(意外にも!?)上位を寡占し、留学生集めに好影響を与えているとの報道がありました。
 本題に戻ると、11月15日付ル・モンド紙によれば、今回のランキングは、EUが作成するもので、2010年に公表されるとのことです。欧州委員会の責任者によれば、目標は2つであり、第一にヨーロッパの大学の国際競争力の確保、第二に、最近停滞気味であるヨーロッパの学生・研究者の流動性を向上させること、です。
 作成に当たっては、10年ほど前にドイツで作られたランキングが参考にされるようで、これは30ほどの多様な指標を用い、学生に選択の指針を提供するもののようです。また、上海ランキングとは異なり、研究面だけではなく教育面の質をも評価の対象にし、また、大学全体の比較ではなく、学部・学科間の比較を対象とするもののようです。こうした観点から、順位をつける方式ではなく、機関間の比較を容易にし、学生の選択を可能にするマップ(cartographie)のようなものになるとのことです。したがって、一般的な意味での「ランキング」とは少し違うものになるようですね。
 ル・モンド紙の記事は、最後に、欧州委員会の最近の研究で、一般に言われる上海ランキングの問題点(自然科学系偏重、研究偏重など)のほか、このランキングの信頼性に疑問があるとされたことを指摘して終わっていますが、具体的には踏み込んでおらず、気になるところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。