So-net無料ブログ作成
検索選択

ルアーブルキャンパス(シアンスポ②)

 先週ご報告した人体展覧会差止め事件は、今週(30日)に抗告審の決定があり、主催者の抗告は退けられました。これまでは仮処分手続でしたが、主催者側は、本案手続に訴える意向のようです。
  http://www.lalibre.be/toutelinfo/afp/234851/la-cour-d-appel-sonne-le-glas-de-l-exposition-quotour-bodyquot.html
 ところで、4月下旬から西部ノルマンディ地方にあるル・アーブルでのキャンパスで講義が始まりました。シアンスポ・パリは、近年、パリ以外の地方にもキャンパスを開設しています。これは、各地の大都市に設置されているシアンスポとは別の、シアンスポ・パリのサテライトキャンパスで、現在、ナンシー、ディジョン、ポワチエ、マントン、ルアーヴル、ランスの6箇所で、1・2年次の学生が学んでいます。パリにもこれらの学年の学生はいるので、1・2年生は、全国7か所に分かれて過ごすことになるわけです。各サテライトキャンパスの差別化は、重点を置く地域研究の違いによってなされている点が興味深いところです。例えば、ロレーヌ地方はナンシーは仏独関係、南仏マントンキャンパスは地中海・中東といった具合で、キャンパスの立地と結び付けられています。ルアーブルはアジア太平洋ということですが、なぜかといえば、学生によれば、セーヌ河口に位置するフランス第2の貿易港ルアーブルは、アジア貿易では第1位なのだそうです(未確認)。また、ルアーブル港は大阪港と姉妹港(姉妹都市とは別)であり、市内には日本庭園もあるそうです(未見)。

 ともあれ、特定地域に関心のある学生は入学時の希望により、その地域に重点を置くキャンパスに所属することになります。また、当該地域から来る留学生も同様に各キャンパスに所属することになるようです。これらのサテライトキャンパスの学生は、パリの学生と同様の講義に加え、当該地域の政治・経済・歴史等に関する講義や、当該地域の言語(もちろん英語も)の学習などで、大変な負担になります。
 シアンスポでは3年次には全員外国留学をするのですが、ルアーブルの学生は日本や中国など、アジア太平洋地域の国に留学することになります。私の講義は2年生向けなので、皆さんこの秋の出発に向け受入先も決まり、楽しみにしています。分かった範囲では慶応大学に2名、京都大学に2名行くようです。慶応とはダブルディグリーがスタートするようですし、京都大学への派遣は今回が初年度ということで、いずれも期待されているようです。ちょうど彼らの来日と私の帰国が同時期なので、何かしてあげられるといいのですが。

DSCN3475.JPG


 ところで、ルアーブルはパリから在来線で2時間ほどと、やや時間がかかる上、電車の本数が少ない(朝夕以外は2時間に1本ほど)ので、アクセスは便利とはいえないのですが、ノルマンディの海沿いということで、周辺には日本人にも人気の観光地があるほか、実はルアーブル自体も世界遺産なのです。といっても、第2次大戦で街全体が破壊され、一から再建されたこの街は、日本人がイメージするヨーロッパ的な風景とは反対に、近代的で整然としたコンクリート作りの街並みが形成されています(上の写真)。50年代に建築家オーギュスト・ペレの指揮により行われたこの大規模な都市計画が、世界遺産指定の理由となったというわけです。もっとも、それが観光向けかどうかは別問題ですが。
 シアンスポのキャンパスは駅から中心部から反対向きに10分ほど歩いたところのウォーターフロント地区にあります。キャンパスといっても、オフィスビルのような建物の一部に入居しているもので、ごく小さな施設になります。学生もパリに比較すればはるかに少ないのですが、逆にそれが学生同士の交流を促し、良い効果を生んでいるようです。講義も非常にアットホームな感じで活発に発言が出て、フランス語の問題でこちらは苦労するのですが、それを除けば非常にいい雰囲気です。

DSCN3478.JPG

 いつも日帰りなのですが、2回目には一泊したので、夜に学生数名とゆっくり話す機会がありましたが、学生の意欲・理解力とも極めて高いように思います。
 この段階では特に専門を決めず、政治・経済・法律等の多様な科目を履修することになっているようですが、どの科目も少人数制でしっかり勉強する必要があるためか、日本の大学の1、2回生に時に見られるように安きに流れることもなく、エリート的ジェネラリスト教育が機能しているようにも感じます。

人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。