So-net無料ブログ作成
検索選択

ツールドフランス最終日

 毎年開催されるものの中では世界最大のスポーツイベントとも言われる自転車レース、ツールドフランス(Tour de France)。96回目を迎える今年は、7月4日にモナコで第1ステージを皮切りに3週間、3459.5キロに渡って戦いが繰り広げられてきましたが、今日(26日)、パリ・シャンゼリゼで最終日を迎えました。コースは毎年変わるのですが、ゴールはシャンゼリゼと決まっています。前回見たのは10年以上前ですが、久しぶりに見に行ってみました。今回は本ブログ初、動画取材を敢行してみました。この映像は最初に選手たちが通過した際のもので、まだ大集団のままですが、この後飛び出す選手たちが出てきます。


 最終日はパリ南西モントロー・フォー・ヨンヌを13時過ぎに出発し、シャンゼリゼには16時40分頃到着し、8往復してコンコルド広場近くでゴールとなります。総合順位は前日までの結果ですでに確定的で、アルベルト・コンタドール選手(スペイン)が2回目の総合優勝、注目されたカムバックの元王者ランス・アームストロング選手(アメリカ)は優勝こそかなわないまでも総合3位ということになり、さすがです。こうした有力選手は、最終日は特に無理をしないのですが、それ以外の選手の中には、注目度の高いこの日のステージ優勝を狙ってしのぎを削ります。
 15時前頃からシャンゼリゼで待っていると、最初は全選手一団となってやってきましたが、すぐに先頭集団が飛び出しました。この集団は最初は7名でしたが、後に3名になりました。注目すべきは、日本の別府史之選手がこの先頭集団にずっと入っていたことです。最後は結局大集団に吸収されてしまいましたが、会場の放送も別府選手の名前を途中ずっと連呼していました。
 結局、2名の日本人選手は総合112位と129位(156人中)ということになりましたが、多数の日本のマスコミが取材に殺到したようで、大会関係者には強い印象を残したようです。ルモンド紙も期間中大きな記事を掲載し、日本のマスコミとファンの熱狂ぶりを伝えました。もっとも、日本特派員と協力して、日本の自転車競技事情(競輪が中心でロードレースは発展途上であることなど)をあわせて紹介しており、ただの面白おかしい記事でないところはさすがです。

【追記】頂いたコメントにお答えして、レースをリードする別府選手の動画を追加します。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

yms

別府が逃げているシーンじゃないのですね。
ちょっと残念です(^^;

ライブ中継で見ていましたが鳥肌がたちました。生で見たかったです・・・
生で見られるなんて本当にうらやましいかぎりです。

ちなみに第21ステージの敢闘賞は別府が取ったらしいですよ。
総合の表彰があったため、ステージ単独の表彰はされず表彰台に登ることはできませんでしたが・・・

フランスは自転車安いので帰国前に1台どうですか?(笑)
高いVAT込みでも日本で買うより安く買えると思います。
by yms (2009-07-27 21:11) 

yms

遅くなりましたが追加アップありがとうございます。

何度見ても感動で涙が・・・

今月末にまたレースに参加しますけどこれくらい逃げられれば・・・(そんなに速くないので無理ですけど)
by yms (2009-08-07 00:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。